大統領の歴史とイリノイの遺産

イリノイの歴史

リンカーンゆかりの地である大統領の出身地、歴史ある小道やコミュニティ、歴史博物館や絵のように美しい運河の街。

エイブラハム・リンカーン国家遺産エリア

リンカーンの生きた業績

州全体に何百ものリンカーンの史跡があるイリノイ州では、リンカーンの思い出が蘇ります。この伝説の大統領が生活し、仕事をし、歴史を作った場所をご覧下さい。

See Highlights
Things You Might Like...

リンカーンゆかりの地

イリノイがリンカーンゆかりの地として知られるには大きな理由があります。州全体に文字通り何百ものリンカーンの史跡が点在しているイリノイ州は、アメリカのどこよりも多くリンカーンの史跡があります。あなたのリンカーン体験をスプリングフィールドのエイブラハム・リンカーン大統領図書館&博物館で始めて下さい。奴隷制度の悲惨な犠牲をまざまざと体験し、南北戦争の悲劇を垣間見、リンカーンの大統領任期の間に受けた重圧と批判を感じて下さい。それから、イリノイの遺産、文化や天然資源に注いだコレクションのある、イリノイ州博物館を訪れる前に、スプリングフィールドのその他の無数のリンカーンアトラクションを探索して下さい。

旧州議会議事堂史跡

オネスト・エイブ(リンカーンのニックネーム)の事務所、いわゆる旧州議会議事堂ビルを訪れて下さい。イリノイの5番目の州議会議事堂のこの再建は、スプリングフィールドで最初に行われました。イリノイ最高裁判所の前にリンカーンが裁判にかけられ、国会議員として仕え、1858年に有名な「分かれ争う家(House Divided)」のスピーチを行ったのがこの場所です。イリノイ州そして米国史上最も重要で影響を与えた部屋に足を踏み入れて下さい。現在でもセレモニーファンクションとして使用されているこの場所で、毎日歴史を自由に体験して下さい。

レガシーの始まり

ピーターズバーグのスプリングフィールドの北西に、細心の注意を払って1830年代を再現した村、ニュー・セーラムがありますが、ここはリンカーンが成人として生活し、政治家としてのキャリアを始めた場所です。再現者から鍛冶屋のワークショップまであらゆることが、ビジターに若きリンカーンの人生がどのようなものであったかを瞥見させます。 

シカゴ歴史博物館

過去へ足を踏み入れる

シカゴの歴史、ストーリーと人を探索しましょう。

See Highlights
Things You Might Like...

何百もの歴史財

シカゴ歴史博物館の魅力的な展示品の絶え間なく変化するラインナップを探索することから旅を始めましょう。それから、シカゴ文化センターからシカゴ近隣ツアーに参加して下さい。これらのツアーはシカゴの歴史と伝統を祝うものであり、歴史あるケンウッド近隣地区にあるオバマ邸のようなハイライトも含まれます。

プルマン・ナショナル・モニュメント

シカゴ滞在中に、有名な1894年のプルマン・ストライキ跡地を訪問する機会を見逃さないで下さい。プルマン・ナショナル・モニュメントは、元来アメリカで最初に計画された産業地域の1つで、プルマン寝台車を製造するために、ジョージ・プルマンが作った街でした。現在のシカゴのプルマン・コミュニティのあるエリアには、プルマン工場やホテル・フローレンスがあります。また、A.フィリップ・ランドルフ・プルマン・ポーター博物館やプルマン・ビジターセンターもあります。2015年にこのエリアはナショナル・モニュメントと名付けられ、公式に国立公園制度の一部となりました。

イリノイ&ミシガン運河国家遺産エリア

歴史ある運河の街を訪れましょう

3つある地元歴史博物館は数マイルしか離れておらず、小さな運河の街の魅力がたくさん詰まっています。

See Highlights
Things You Might Like...

I & M運河

イリノイ&ミシガン(I&M)運河はミシガン湖とミシシッピ川を繋いでいます。I&M運河を建設当時、ニューヨークとニューオリンズを結び、シカゴを貿易と商業の主要ハブとして確立しました。運河は現在全長100マイルもある国家遺産回廊となっており、歩いたり、自転車に乗ったり、魚釣りをしたり、カヤックをしたり、1840年のレプリカカナルボートに乗ったりできます。

ジョリエット、ロックポート&レモント

ジョリエット、ロックポートとレモントは、ジョリエットの産業遺産から、街のブティックが絵のように美しいレモントまで、運河の歴史に興味深い洞察を提供しています。3つの街は数マイルほどしか離れておらず、全ての街に歴史博物館があります。歩いて中心地エリアを探索するか、運河トレイルを歩いてみて下さい。 

I&M運河の小さな街達

有名なI&M運河に沿って、小さな街達が現れ、趣のある店やアンティークストア、歴史のある家々や数多くの魅力に溢れています。イリノイで最高の州立公園がいくつかあるオタワやウチカは、素晴らしいアウトドアアクティビティを通じて、運河を探索できます。スターヴド・ロック州立公園へ向かう小道に沿って進んで下さい。博物館なら、ラサール運河ボートやロック16ビジターセンター&カフェのあるラサール周辺をチェックしてみて下さい。そして、もちろん、歴史あるI&M運河州立トレイルに沿って散歩もできます。

ルイスとクラーク、そしてカホキア墳丘州

イリノイ南部における大きな歴史

有名な探検家であるルイスとクラークの有名な探検トレイルに参加し、カホキアの太古の街を訪れましょう。

See Highlights

ルイス&クラーク国立トレイル

1804年5月14日、現在のハートフォードという街の近くのミシシッピ川東側のリバー・デュボア・キャンプから探検が始まりました。それは、アメリカ中西部から太平洋への歴史的冒険の始まりでした。現在、冒険が開始されたキャンプを記念した、ルイスとクラーク州立史跡を訪れることができます。ハートフォードに位置するこの場所は、国立トレイルサイト#1として知られています。メインアトラクションには14,000平方フィートの利用案内センターやリバー・デュボア・キャンプのアウトドアレプリカが含まれます。

カホキア墳丘州立史跡

ハートフォードの南側に位置するコリンズビルの地の下に、最も洗練された先史のメキシコ北部の先住民文化が眠っています。カホキア墳丘州立史跡は2,200エイカーの郊外住宅地跡で、コロンビア先住アメリカ民族のカホキアの街の遺跡です。メキシコ北部にある米州最大の先史遺跡として、カホキア墳丘州は国家歴史建造物であり、米国内で23カ所しかないユネスコ世界遺産の1つに指定されています。

 

歴史コミュニティを訪問する

よりシンプルな生活様式

アーミッシュの生活様式、歴史あるモルモン教コミュニティであるノーブーやヤンセニストコミュニティであるビショップ・ヒルにいると、あなたをその時代に戻ったような気分にさせます。

See Highlights
Things You Might Like...

アーサーとアルコラのアーミッシュコミュニティ

アーサーとアルコラは、1800年代半ばに確立されたアーミッシュ開拓地に囲まれています。田舎のアーミッシュコミュニティではローテクな生活を送っており、馬を使って農業を行い、伝統的な手工芸品を作り、雑貨店や道端のスタンドで売っています。アーミッシュファームやビジネスを訪問し、このエリアを車で通る時に、馬が引くバギーやカートと道を共有してみて下さい。

歴史あるノーブー

歴史あるノーブーコミュニティには、1839年から1846年に遡る30以上の史跡があります。復元された住宅、店舗や公共ビルを訪れ、レンガ造り、パン作り、陶業やミュージカルドラマなどのインタラクティブ・デモンストレーションを楽しんで下さい。開拓者ゲーム、子供用の物語やミニチュアログキャビンなどがあり、家族で気軽に楽しめるアトラクションのあるノーブーを気軽に訪問して下さい。

ビショップ・ヒル

1846年、スウェーデン移民の一団が宗教の自由を求めて祖国を離れました。カリスマ的なリーダー、エリック・ヤンセンに率いられたヤンセニスト達は、後にビショップ・ヒルと知られるようになる新しいユートピアを建設しました。(ビショップ・ヒル記事へのリンク) 共同コロニーは1861年に正式に廃止されましたが、元の構造の多くが残され、専心的な住民達がコロニーの豊富な歴史を店舗、食事場所や地元の歴史博物館と共に守っています。ビショップ・ヒルは国家指定ランドマーク村であり、史跡として国家登録されています。 

ロナルド・レーガン、ユリシーズ・グラント、ジョン・ディア、アーネスト・ヘミングウェイとカール・サンドバーグ

アメリカ偉人を祝う

レーガン大統領、ジョン・ディア、アーネスト・ヘミングウェイやカール・サンドバーグの少年時代の家や、ガリーナへ行き、グラント大統領の家や歴史ある中心エリアを探索して下さい。

See Highlights

アメリカの2人の偉人の少年時代の家

ロックリバーにあるディクソンという古都を訪れて下さい。レーガン一家が1920年から1923年まで居住していた、大統領時代の年表展示や略歴ビデオが展示されている復元された家を見て回って下さい。ディクソンはレーガン大統領の業績を讃える13のイリノイコミュニティのセルフガイド・ドライビングトレイルである、レオナルド・レーガン・トレイル上にあります。ディクソンにいる間、ジョン・ディア史跡を訪れてみて下さい。ジョン・ディアの復元された開拓住居や営業中の鍛冶屋もあります。

アメリカの偉大な作家が産まれた場所

高校の英語の授業を受けたことがあるなら、アーネスト・ヘミングウェイについておそらく聞いたことがあるでしょう。20世紀が誇るアメリカの偉大な作家であることは間違いないヘミングウェイは、シカゴの西にあるオーク・パークという魅力的な村で産まれました。ヘミングウェイが産まれてから最初の6年を過ごした豪華なビクトリア様式の自宅を訪れてみて下さい。2階には1899年7月21日に彼が産まれたベッドルームがあります。

ゲイルズバーグの南西に行き、もう1人のアメリカの偉大な作家である、ピューリッツァー賞受賞詩人で、リンカーンの伝記を書いたカール・サンドバーグの家を訪れてみて下さい。サンドバーグは、イリノイ中央にあるゲイルズバーグという街で生まれ、学校に通い、最初の詩集を出版しました。カール・サンドバーグ州立史跡には、サンドバーグが1878年に生まれた「作業員のコテージ」と書かれた小さな家があり、大きな花崗岩でできた「思い出の岩」の下に彼と彼の妻の遺灰が眠る趣のある庭もあります。

過去の大統領と一緒にガリーナを巡る

ガリーナでは、ユリシーズ・グラント大統領の家を訪れて下さい。この当初の家具が備えられたままのイタリア風邸宅は1865年にグラント大統領に贈呈され、1904年から一般公開されています。実際にグラント将軍を演じた俳優がガイドしてくれる、ガリーナメインストリートの歴史あるハイライトのウォーキングツアーに参加しましょう。

魅力的な街であるガリーナは、コブルストーン・ストリートの昔の営倉、かつての毛皮交易所のダウリング・ハウス、グラント大統領の展示があるかつてのマーケットハウスなどを含む、その他にも歴史アトラクションが豊富にあります。